役員・コンサルタント等紹介

荒川 有理
部署 企業情報第七部
役職・氏名 企業情報第七部長 荒川有理
プロフィール 2016年9月入社
外資系ヘルスケア会社を経て、独立系M&Aブティックにて、事業承継及び業界再編にかかるM&Aアドバイザリー業務に従事した後、投資会社においてプライベート・エクイティ投資及び投資先の社外取締役として経営支援に従事。

メッセージ

企業の永続化、更なる事業の発展において、M&Aは今や企業が取り得る有効な選択肢の一つとなっておりますが、株主、経営陣、従業員、取引先、地域社会等、企業を取り巻くステークホルダーに与える影響も大きく、創業者や経営陣は、その非常に重要な決断に迷われるケースが多数ございます。
私は、事業会社・M&Aブティック・投資会社を経て、M&Aにかかわるステークホルダーの考え方・想いについて、長年肌で感じ、理解を深めることができました。その経験を活かし、創業者や経営陣の皆様に寄り添いながら、ベストシナリオとなるようにM&Aをご支援させて頂きたいと考えております。

実績

医療機器メーカー、医療機器卸、調剤薬局、食品スーパー、アパレル、雑貨・インテリア小売等における実績を有しております。

エピソード

案件成約後、数年経った現在においても、当時の案件の創業者や経営陣の皆様と定期的にお会いさせていただく機会があり、近況についてお話いただくことがあります。シナジー効果も発揮され業績拡大が進んでいる事や過去を振り返って案件について満足されていたというお話をお聞きしますと、この仕事の重みややりがいを改めて感じます。

pagetop