業界別M&A動向

カラオケ業界のM&A動向大業種: 生活関連サービス業、娯楽業

業界定義

カラオケボックス業は、独立性の高い空間で仲間内だけでのカラオケが楽しめるようにしてある娯楽施設を運営するものをいう。

カラオケ機器(通常は通信カラオケ)を中心にしてテーブルとソファなどが配置されただけのシンプルな個室(定員数人から50人程度まである)を多数用意して営業している。大音響で歌うことから、防音性が高くされている。

業界主要企業

企業名 売上高 営業利益
第一興商 127,885 16,510
ブラザー工業 502,830 36,092
シダックス 195,098 4,312
AOKIホールディングス 132,561 10,952
コシダカホールディングス 21,932 2,503

(単位:百万円)

関連業界

その他遊戯場業界その他遊技場の項目では、ゲームセンターをはじめ、ボーリング場、ネットカ...
パチンコ業界パチンコ業とは、風営法に従い、遊技(パチンコ)の場を提供し、それに使用...
ゴルフ場業界ゴルフ場とは、広大な敷地にゴルフプレーのためのホールを配置したスポーツ...
映画館業界映画館とは、映画を公衆に見せ、または聞かせる施設をいう。 運営形...
フィットネス業界フィットネスクラブとは、事業者が募集したクラブ会員(メンバー)を対象に...

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop