業界別M&A動向

宗教業界のM&A動向大業種: サービス業(他に分類されないもの)

業界定義

宗教法人とは、法人格を取得した宗教団体の事をいう。営利を目的としない非営利団体であり、公益事業もできる公益法人の一つ。

宗教法人となることにより、不動産等を所有する権利主体となれる利点はあるが、法人格を取得していなくとも、宗教活動を行うことは自由である。

統計上の分類として、神道系、仏教系、キリスト教系、諸系に分かれる。

業界分析

宗教法人は、宗教法人法により、国などへ毎年活動実態等を報告することが義務付けられているが、ここ数年間、報告がない宗教法人が倍増している(2004年以降)。
宗教法人が税制面で優遇されていることや、「信教の自由」を侵害する等の理由で認証取り消しができないことなどを悪用する形で、ブローカー等が法人格を売買し、脱税に悪用するなどの事例が後を絶たない状況である。

業界主要企業

企業名 売上高 営業利益
(信者数:万人)
神社本庁(神道系) 9,730
浄土真宗本願寺系(仏教系) 694
浄土宗(仏教系) 602
真宗大谷派(仏教系) 553

(単位:百万円)

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop