業界別M&A動向

段ボール業界のM&A動向大業種: 製造業

段ボール業界の主要10社

段ボールの市場規模は、1兆5千億円(産経新聞記事)。

業界定義

段ボール業界は、加工紙製造業(塗工紙、段ボール、壁紙・ふすま紙)、紙製容器製造業(重包装紙袋、角底紙袋、段ボール箱、紙器)を主力とする事業を営む会社を総称する。

業界主要企業

企業名 売上高 営業利益
レンゴー 523,141 14,221
王子ホールディングス 473,749 14,248
トーモク 150,377 6,768
日本製紙グループ本社 98,600 6,684
ザ・パック 84,315 5,253
日本トーカンパッケージ 54,454 906
ダイナパック 48,192 1,326
丸紅 42,276
大王製紙 31,800
北越紀州製紙 20,585 764

(単位:百万円)

当社の成約事例

成約年月 対象会社(譲渡会社) 譲受会社 取引スキーム
2013年9月 段ボール製造 段ボール製造 100%株式譲渡 詳細  >

関連売却情報

業種 概算売上高 所在地
段ボール箱製造業 5億円 西日本 詳細・お問い合わせ  >

関連業界

紙パルプ業界◆ 紙・パルプ業界には、木材、その他の植物原料又は古繊維から、主として...
印刷業界印刷業、製版業、製本業、印刷物加工業、印刷関連サービス業などが分類され...
木材業界 主として製材及び単板(ベニヤ板)、合板、屋根まさなど木製基礎資材を製...

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop