業界別M&A動向

コンビニエンスストア業界のM&A動向大業種: 卸売業、小売業

コンビニエンスストア業界の主要10社

コンビニエンスストアの市場規模は、10兆5722億円である(2016年・日本フランチャイズチェーン協会)。

業界定義

コンビニエンスストアとは、年中無休で長時間の営業を行い、小規模な店舗において主に食品、日用雑貨など多数の品種を扱う形態の小売店をいう。

経済産業省の商業定義では、以下を満たすものを指している。
①飲食料品を扱う
②売場面積30~250平方メートル
③営業時間が14時間以上
④セルフサービス方式の売場が50%以上

業界分析

日本フランチャイズチェーン協会の「コンビニエンスストア統計調査年間集計」によると2016年12月末時点のコンビニエンスストアの年間売上高は10兆5722億円、店舗数は5万4501店だった。17年2月期のコンビニエンスストア大手各社の平均日販はセブン-イレブン・ジャパンが63万6000円、ローソンが53万4000円、ファミリーマートが52万2000円だった(各社有価証券報告書をもとに当社推計)。

市場規模は、フランチャイズ方式による大量出店により2000年度まで急速に拡大したが、02-08年度の年平均成長率は1.5%と鈍化傾向にあった。09-15年度は同4.0%となっており、再び増加傾向に転じている。

国内はすでにオーバーストア状態になりつつあり、好立地の出店スペースは限られている。セブン&アイ・ホールディングスは京浜急行電鉄・新京成電鉄・JR西日本・JR四国・神戸電鉄・大阪高速鉄道、ローソンは東急電鉄・東京メトロ・山陽電鉄、ファミリーマートは西武鉄道・近畿日本鉄道・JR九州リテール・東武商事・コミュニティー京成などと提携し、「エキナカ」に出店している。その他、大学・病院への出店も強化しており、好立地店舗の獲得競争が激化している。

セブン-イレブン・ジャパンは新中期経営計画のもと、オリジナルデイリー商品の差別化と出閉店基準の見直しにより、既存店の質向上と競争優位性の維持を図る。ファミリーマートは16年9月にサークルKサンクスを抱えるユニーグループ・ホールディングスとの経営統合を果たし、規模の効果による調達力と競争力の強化を見込む。ローソンは、ポプラ、スリーエフなどとの業務提携を加速させており、3社の寡占化が進行している。

M&A動向

業界3位のファミリーマートと同4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスは2016年9月に経営統合し、両社の国内店舗数は17年2月期で1万8125店舗となり、首位のセブン-イレブン・ジャパンに迫る。

セブン&アイHDは2005年に7-Eleven,Inc.を完全子会社化し、米国事業を強化してきた。7-Eleven,Inc.は17年4月、コンビニエンスストア事業、ガソリンスタンド事業の米スノコLPからの事業の一部を譲り受け、1108店舗を取得することを発表した。金額は33億ドル(約3659億円)で、セブン&アイ発足以降のM&Aとしては過去最大。国内市場の減速が避けられない中、成長余地のある米国で19年度までに1万店、平均日販5000ドルを目指す。

ローソンは三菱商事出身の竹増貞信副社長を社長に据え、三菱商事との連携を強化。16年12月には三菱商事がローソンの子会社化を目的としたTOBの実施を発表し、三菱グループとの連携を見据えた新体制のもと、商品力と店舗運営の強化を図る。

業界主要企業

企業名 売上高 営業利益
セブン-イレブン・ジャパン(非上場) 4,291,067 162,910
ローソン(連結) 2,049,554 31,381
ファミリーマート 936,710 △2,178
ミニストップ(連結) 336,332 968
JR東日本リテールネット 196,519 1,051
ジェイアール西日本デイリーサービスネット 74,351 385
山崎製パン 70,738 N/A
ローソンストア100 58,600 286
ポプラ 38,777 60
JR九州リテール 30,555 1,250

(単位:百万円)

関連ニュース

2015-12-01ミツウロコ、子会社を通じてココストアリテールの全株式を取得
2015-10-15ファミリーマートとユニー、経営統合へ
2015-09-08ファミリーマート(8028)、ココストアの全株式を取得、130億円
2015-08-18ファーマライズ(2796)、薬局一体型コンビニ展開へ3社合弁事業を設立
2015-07-07セブン銀行(8410)、米国7-ElevinにATM設置
2015-06-25ミニストップ(9946)、ベトナム企業を子会社化
2015-05-25サントリー食品(2587)、JTの飲料事業を取得 1500億円
2015-05-19セブン&アイ(3382)、米国コンビニ182店舗を取得
2015-05-11ローソン(2651)、セーブオンから長野のコンビニ27店舗を取得
2015-03-11セブン&アイ(3382)、関西スーパーの万代と資本業務提携へ
2015-03-11ファミマ(8028)とユニー(8270)、2016年9月に経営統合へ
2014-12-17ローソン(2651)、四国のスリーエフをローソンに転換
2014-12-08ローソン(2651)、ポプラ(7601)の株式5%取得
2014-10-01ローソン(2651)、ポプラの株式5%取得へ
2014-10-01ローソン(2651)、成城石井を買収364億円
2014-09-24イオン(8267)、ダイエー(8263)を株式交換で完全子会社化
2014-07-04伊藤忠商事(8001)、ファミマへの出資比率を37%に引き上げ
2014-07-04ファミマ(8028)、ジャパンネット銀行と業務資本提携へ
2013-12-257&i(3382)「Francfranc」のバルスに出資
2013-12-04セブン&アイHD(3382)バーニーズジャパンに資本参加

関連業界

スーパー業界スーパーマーケットとは、高頻度に消費される食料品や日用品などを、セルフ...
通販業界通信販売とは、企業がテレビ、ラジオ、新聞、折込チラシ、カタログなどの媒...
商社業界商社とは、輸出入貿易ならびに国内における物資の販売を業務の中心にした、...
調剤薬局業界調剤薬局とは、医療機関発行の処方箋に基づき薬剤師が医薬品を調剤し、患者...
老人ホーム・介護業界介護サービス業とは、介護保険法に基づき、施設または自宅で生活し、介護を...

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop