社長メッセージ
Message

PRESIDENT― 社長メッセージ ―

あなたのその手が日本の財産を次代へとつないでいく。

想像を超える喜びと成長。究極の仕事に魅せられて

大きいものを売ることは、営業として何よりのやりがいである―
かつて、ハウスメーカーでの営業を経験したころ、上司にそう言われたことがありました。家を買うことは、お客様にとって一生の買い物です。私自身もそうした仕事に誇りとやりがいを感じていましたが、それ以上に強く惹きつけられる仕事に出会ったのです。それこそが、M&A。お客様である地主さんから、事業の譲渡を相談されたことがきっかけでした。税務をはじめさまざまな相談をいただいたのですが、会社を売るということがどういうことなのかが理解できず、勉強してみたところ「これはすごい仕事だ」と思いました。何十年と築きあげた技術やノウハウ、会社をつくる社員たち、そして困難を乗り越え会社を支える経営者の想い。会社は“モノ”ではない――究極の大きなものがすごいスピードで動いている世界に、強烈な憧れを持つようになりました。

ところが、M&Aの仕事をやってみたいと思っても、それが可能なのは銀行・証券の中でも花形部署のみ。内部の人が希望しても、ほとんど配属してもらえないほどの人気でした。年齢は30歳を超え、経験はハウスメーカーのみではとてもM&Aができる会社には転職できない。だったら、自らの手で起業してやろうじゃないかと考えたわけです。

原動力は人材の力、そして誠実な想い。

実際に起業してみて感じるのは、後継者不在をはじめ様々な問題によって、事業承継に悩みを抱える中小企業経営者の方が非常に多いことです。言うまでもなく、事業とは経営者の皆様が大きな志を抱き、数々の困難を乗り越えて築き上げたもの。それは、お客様にとって、わが子以上に思い入れのある存在と言えますし、わが国にとっても、重要な財産であると言えるでしょう。私たちの使命は、M&Aというひとつの選択肢を示し、経営者が灯した火を次代へつないでいくことです。そして、その使命を実現する原動力は、まぎれもなく人材の力であると、私は考えています。

M&Aの仕事は、1つとして同じケースはなく常にオンリーワンの案件であり、プロとして高度な専門性を要求されるものです。しかし、専門性だけがすべてではないと私は考えています。なぜなら、扱うものはお客様の想いが込められた“事業”であり、誠実で真面目な人間性を備えていなければ、お客様から大切な財産を託していただくことはできないからです。M&Aはよく結婚に例えられますが、「娘さんをまかせてください」とあいさつに来た若者が、不誠実な印象であれば、誰だって追い返したくなるはずです。

だからこそ、M&Aキャピタルパートナーズは人材とその人間的成長を何よりも重視しています。すぐに利益を上げられなくてもしっかりとその人の成長を支え、成長を遂げ成果を上げた人材にはしっかりと報いる――。そんな組織であり続けることが、次代を担う人材の育成につながり、当社の未来を切り拓いていくことになると私は確信しています。

お客様の想いに真摯に、誠実に向き合い、情熱をもって、日本の財産を私たちの手で次代につないでいく――。この究極の仕事はあなたに想像を超える喜びと成長を与えてくれるでしょう。私たちと志を同じくし、ともに歩んでくれる、そんな未来の同志たちに期待しています。

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社代表取締役社長 中村 悟