業界別M&A動向

インターネット業界のM&A動向大業種: 情報通信業

インターネット業界の主要10社

IT専門調査会社IDC Japanの発表した国内ITサービス市場の予測によれば、2014年の市場規模は前年比3.1%減の約5.2兆円の見込みで、19年の市場規模は約5.6兆円になると予測されている。

テレビや新聞向けのマス広告の低迷が叫ばれる中でも、インターネット向けの広告市場は売上規模と市場シェアを伸ばし続けており、今後もこの流れは継続することが予測される。

ネット通販市場も、百貨店の売上規模を凌駕し、今後も更に規模を拡大し続けることが予測されている。

業界定義

インターネット業とは、インターネットを通じて、通信および情報サービスを提供する事業をいう。

インターネットとは、インターネット・プロトコル技術を利用して相互接続されたコンピュータネットワークを指す語である。略してネット(Net)とも呼ばれる。

以下のとおり分類される。
①ポータルサイト・サーバ運営業…検索サイト、ショッピングサイト、オークションサイト運営等
②アプリケーションサービス・コンテンツ プロバイダー…音楽・映像等のコンテンツを配信
③インターネット利用サポート業…ネットワークセキュリティ、電子認証等のサービス提供

業界分析

検索サービスにおいては、世界的に見ればグーグルが圧倒的なシェアを獲得し、国内においても先行するヤフージャパンを猛追している。ヤフージャパンは自社開発エンジンを止め、米国グーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用した。

【SNS大手による競争激化】
米国Facebookが国内でも一気に会員数を増やし、携帯ゲームポータル最大手のモバゲータウンやグリー、ミクシィのSNS大手三社の寡占状態が崩壊した。

【スマホ向け無料メッセンジャー・サービスの普及】
NHNジャパン傘下のLINEが展開する無料通話・メールサービスLINEが急速な普及、国内のみならず海外でもユーザー数を爆発的に伸ばしている。ヤフーは、韓国カカオトークの日本法人に折半出資し、同サービスに参入。さらに、「Mobage」展開のDeNAが「comm」、サイバーエージェントが「DECOLINK(デコリンク)」を投入、さならる競争激化が予想される。

【ソーシャルアプリ・ゲーム市場の活性化】
スマホの急速に普及に伴い、米Apple社のApp Storeや米GoogleのAndroid Marketをプラットフォームとするソーシャル・アプリケーションの開発競争が熱気を浴びている。

ここ数年で「GREE」や「Mobage」などのSNSプラットフォームを活用した、ネットワーク配信型によるアイテム課金モデルのソーシャルゲーム市場が急速に拡大した。一方で、国内市場の成熟化を見据えて、各社海外展開を加速している。

【ミニブログやスマートフォンの飛躍】
Twitterなどのミニブログが隆盛、大手SNS各社が同様のサービスを開始し、広報活動やマーケティングへの活用と関連サービスの拡大が見込まれている。また、iPhoneなどスマートフォンが飛躍的に携帯市場のシェアを拡大し、今後のコンテンツプラットフォームとしての存在感を増しており、コンテンツプロバイター各社も対応を急いでいる。

M&A動向

インターネットサービスで遅れを取るソフトウェア業界の覇者である米マイクロソフトが米ヤフーに買収提案をかけるなど世界的な再編が巻き起こりつつある。

【動画関連】
グーグルがYouTubeを買収したのを皮切りに、国内ではヤフーが2009年4月にUSENよりGyaoを取得し子会社化、楽天がショウタイムを完全子会社化した。また、ソフトバンクが米Ustreamに出資するなど、プラットフォームやコンテンツの囲い込み競争が激化している。

【海外展開の加速】
楽天は、海外のECモールや電子書籍関連企業への積極的なM&Aにより、米国アマゾン社や米国Ebayとのグローバルでの競争に向けた布石を打つ。SNS大手3社の海外展開スピードも加速している。

【SNS関連→SAP関連】
数年前まではSNSの台頭が叫ばれたが、現在はソーシャルゲームの2強による覇権争いが激化している。「Mobage」展開のDeNAや「GREE」展開のグリーは、国内外で積極的なM&Aやアライアンス戦略を展開し、飽和が予測される日本市場で稼いだ潤沢な資金を海外展開への投資に振り向ける。

世界に目を向けると、Facebookのユーザー登録者数は世界で8億人を突破し、フラッシュマーケティング・共同購買サイトのグルーポンが米国で上場し、ソーシャルゲームのジンガ、ミニブログのTwitterなど新興企業による台頭が目覚しい。

業界主要企業

企業名 売上高 営業利益
楽天 598,565 106,397
ヤフー 386,284 197,416
サイバーエージェント 205,234 22,220
ディー・エヌ・エー 181,313 53,198
グリー 125,598 35,007
GMOインターネット 109,368 12,931
ソネットエンタテインメント 93,353 10,000
ニフティ 71,511 4,671
オプト 66,984 4,471
セプテーニHD 54,345 2,259

(単位:百万円)

当社の成約事例

成約年月 対象会社(譲渡会社) 譲受会社 取引スキーム
2013年1月 ソフト開発 コンテンツ企画・開発 100%株式譲渡 詳細  >
2006年12月 プロモーション事業 通販事業
(上場企業)
100%株式譲渡 詳細  >
2006年4月 モバイルコンテンツ開発 モバイルコンテンツ開発
(上場企業)
事業譲渡 詳細  >

関連ニュース

2016-12-08KDDI、日本産業パートナーズからビッグローブの全株式を約800億円で取得
2016-10-28楽天、住友商事から爽快ドラッグの株式94.58%を取得
2016-10-13マイネット、C&Mゲームスの全株式を約45億円で取得し完全子会社化
2016-10-13LINE、夢の街創造委員会の株式20%を約40億円で取得し、持分法適用会社化
2016-09-30京王百貨店、クックパッドからセレクチュアーの全株式を約10億円で取得
2016-09-05楽天、フリマアプリ会社の全株式を取得
2016-07-21ベルーナ、大きいサイズの女性向けアパレルネット通販3社の全株式を取得
2016-07-14日本創発G、ソニックジャムの株式65%を取得
2016-06-30グルーバルウェイ、wizpraと資本業務提携
2016-06-24あおぞら銀、GMOとインターネット銀行を共同運営へ
2016-06-20ネクスト、クラシファイドサイト運営のジモティーへ出資
2016-06-13アカツキ、アウトドアレジャー予約サイトの全株式を約14億円で取得
2016-06-09ヤフー、イーブックへTOBで連結子会社化へ
2016-05-30博展、スプラシアの全株式を4.86億円で取得
2016-05-16健康CP、光通信と予約サイト事業で合弁。2億円を出資
2016-05-11DACとアイレップ、株式移転による経営統合に合意
2016-04-19じげん、エリアビジネスマーケティングの全株式を3億円で取得
2016-03-10VOYAGE、ゴールドスポットメディアの株式75%を4.5億円で追加取得し完全子会社化
2016-01-21ASJ、NTTデータ・アイテックス株式の85.7%を取得
2015-12-15ヤフー、一休をTOBで完全子会社化

関連業界

パソコン業界パソコン製造業とは、主に個人で使用するために作られたコンピューターであ...
電話業界電話等製造業は、有線通信機器製造業と移動電話製造業に大別される。 ...
情報サービス業界情報サービス業とは、情報の処理・提供等を行なうことを業とするものをいう...
放送業界放送業とは、音声・映像・文字などの情報を電気通信技術を用いて一方的かつ...
ゲーム業界ゲームソフト製造業は、テレビゲーム機(家庭用、業務用)、携帯用電子ゲー...

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop