企業評価シミュレーション

自社の価値を知る意味とは?

「企業価値を知るメリットとは、どのようなことがありますか?」
という質問を、お会いするオーナー経営者様からお受けすることがあります。
その質問に簡潔にお答えするとすれば、
「自社の現在の企業価値を把握することで、様々なリスクを回避することができます。」
という一言につきます。

上場企業の株価は、マーケットの需給により決定されますが、非上場の中堅・中小企業の株価・企業価値については、そもそも語られることも少なく、また自社の価値を正確に把握されておられる経営者様もそう多くはないように思われます。

企業価値評価は、事業承継を検討する際に必要となりますが、その価格次第で親族・従業員への承継を断念せざるを得ない状況になるケースも多々見受けられます。また、他社との資本提携の提案がある場合、自社の企業価値を知らないことで足元を見られがちになります。

様々な株価の存在

金融機関・税理士からご提案される株価

「お取引銀行や税理士の先生方から株価は評価してもらってるよ。」
と仰られる経営者の方にお会いすることもございますが、それはおそらく「相続税評価額」であり、「M&A取引における株価」とは考え方が全く異なります。

証券会社・ベンチャーキャピタルから
提示される株価

その他、証券会社・ベンチャーキャピタルから提示される株価もあります。これは企業が株式公開(IPO)を目指す場合や、第三者割当増資をする際の株価で、企業の経営権の移動を伴う「M&A取引における株価」とは考え方が異なります。

様々な企業価値評価の方法

企業価値評価の方法には様々な手法・考え方があります。
インカム・アプローチ(DCF法等)
・ストック・アプローチ(時価純資産法等)
・マーケット・アプローチ(類似会社比準法、市場価格法等)

 企業価値評価サービス(無料)

当社では、事業承継の選択肢として友好的なM&Aの活用をご検討いただく際の検討資料としていただくために、
無料にて企業価値評価のレポートをお作りしております。

サービスを
ご活用いただいた
お客様例
  • 後継者不在等の理由で会社の売却を選択肢としてご検討のオーナー経営者様
  • 将来的な選択肢として自社の企業価値を知っておきたいオーナー経営者様
  • M&Aによる売却価格の目線を知っておきたいオーナー経営者様

企業評価レポート(無料)に関するお問い合わせ

企業評価をご依頼されたい方は、こちらからご相談ください。
1週間~10日程で企業評価を算定させていただきます。

簡易企業評価シミュレーション

簡易的に企業価値を試算されたい方は、こちらからご利用いただけます。目安を把握していただくことを目的としているため、考慮されない価値もあり、実際の売却価格から大きく乖離することもございますのでご了承の上ご利用ください。

pagetop