M&A用語集

事業承継

事業承継は、会社・事業の経営を現在の経営者から後継者に引き継ぎ、株式を譲渡することを一般的に意味している。最近は、経営者層の高齢化に伴って、事業承継への関心も高くなっている。

事業承継には、「経営権の承継」と「財産の承継」という2つの側面があり、「経営」と「株式」が承継されて初めて、事業承継が成立する。

日本の中小企業では、株主が経営者を兼ねているケースが大半で、これは会社の「所有」と「経営」が一致している状態。これらは必ずしもセットで、身内に承継される必要はない。

経営者が変わっても、会社が永続的に事業を継続し、発展していくことが重要であり、「経営権」と「財産」の次世代へのスムーズな移転には、周囲の理解の獲得に加え、株式の買取資金や税金など様々な問題を解決するために、早期から時間をかけて取り組む必要がある。

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop