M&A用語集

ゴーイング・プライベート

Going Privateは、株式を公開している企業が非公開化すること。
メリットとしては、①(短期的な利益の追求ではなく、)中長期的な観点に立った経営ができること ex)抜本的な事業構造改革(リストラ)の実行など ②(少数株主を排除し、株式を集約することで)迅速な意思決定が可能となること ③上場維持コストの削減 ④敵対的な買収などの脅威から企業を守ることなどが挙げられる。
デメリットとしては、(上場している企業のメリットの裏返しとほぼ同義とはなるが、)①上場企業としての社会的な信用力の低下 ②採用面・従業員の安心感やモラールの低下 ③株式市場からの資金調達が不可能となるといったことが挙げられる。
近年は株式市況の低迷が続く中で、急激な市場環境の変化へのスピーディーな対応や抜本的な構造改革の断行、上場維持コストの上昇などへの対応策として、非上場化を選択する企業の数が新規上場する企業数よりも上回る傾向が続いている。背景としては、上場メリットの薄れと、金融機関からの買収ローンが出やすく、投資ファンド等の動きが活発化していることも挙げられる。

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop